カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

【最新号】 次号予告・バックナンバー紹介




受講生の方に毎月お届けしているペットアカデミー通信講座教材の紹介ページです。

※現在受講生の方は以下のすべてのバックナンバー教材が、特別価格5000円(税抜)〜/号(単品OK)でご購入可能です。
※受講生ではない一般の方が単品でご購入可能なバックナンバー一覧は>>>【こちら】をご覧ください。

※ペットアカデミー通信講座受講の詳細は>>>【こちら】をご覧ください。







ペットアカデミー通信講座

●次号予告●


2016年1月号
「とことん栄養学の話(52)

『絶食しても大丈夫な理由』

前回、前々回の「エネルギー代謝」編にて身につけた知識を存分に活かし、さまざまな身近なケースについて考えていきましょう。
ココをしっかり理解すれば
「食」の迷いがどんどん解決していくはずです!



タンパク質を学ぼう!


(受講生の方へ→2015年12月10日頃発送予定です)





★最新号★


2015年12月号

ペットのエネルギー代謝(その2)
―応用編、たくさん食べて飲んでいるのにどんどん痩せていくのはなぜ?―



2015年11月号「エネルギー代謝(その2)−応用編、多飲多食多尿、たくさん食べても飲んでもドンドン痩せていくのはなぜ?-」


<収録時間:*分>

【目次】


(1)はじめに

(2)「手作り食は病気になる」という話を聞いて心配になっている人へ

(3)手作り食は危険だ煽る人がいたら→「たぶんその人は…」

(4)手作り食で症状が出た!騒ぐ人は→「○○が不適切なだけ」

(5)【復習】ホメオスタシス調整

(6)さらに理解を深める>>>応用問題に挑戦!

 「沢山食べているのにドンドン痩せていくのはなぜ?」

 *合成と分解について

 *インスリンおよびエネルギー代謝の調整

 *インスリンとは?

 *【復習】栄養素の貯蔵型について(糖質・タンパク質・脂質)

 *インスリンの5つの作用とは

 *[Q]多飲、多食、多尿で体重が減少したのはなぜ?

 *糖尿病(Diabetes Mellitus)

 *インスリンの欠乏が意味すること

 *のどが異常に渇く理由

 *急激な体重減少の原因

 *エネルギー燃料の貯蔵型と循環型

 *エネルギー代謝経路

 *エネルギー調節

 *
[Q]エネルギー燃料の利用優先順位とは?(エネルギー源として糖質を使うか?脂肪酸を使うか?はどの様にして決まるのか?)

 *ピルビン酸脱水素酵素(PDH)

 *まとめ

(7)おわりに

  「追悼:川島なお美さん」
  ―須崎が川島なお美さん・北斗昌さんのケースで考えること―

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら

受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)



■バックナンバー■


2015年11月号

ペットのエネルギー代謝(その1)
―まずは基本編、食べると元気・エネルギーになるメカニズムとは?―



2015年11月号「エネルギー代謝(その1)−まずは基本編、食べると元気・エネルギーになるメカニズムとは?-」


<収録時間:60分>

【目次】


(1)はじめに

(2)そもそも「なぜ、生き物は 食べなければ いけないのか?」ということから考えよう!

    重要なこれら6つの質問にあなたは答えられますか?


(3)脳のエネルギー消費について

(4)生体における エネルギー燃料使用の優先順位とは?

(5)さらに理解を深めるための>>>応用問題

(6)最初に出た 6つの質問の答えあわせ をしよう!

(7)まとめ・おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら

受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)





2015年10月号

老犬・老猫の適切なケアを考える
―この子にあった食事やケアが一番!―



2015年10月号「老犬・老猫のケア―この子にあった食事やケアを考えよう!―」


<収録時間:66分>

【目次】


(1)はじめに

(2)自然界での死の迎え方・寿命

(3)老化とは? いつから老齢?

(4)老化のサインとは?

(5)消化吸収能力は変わる?

(6)栄養素要求量の変化は?

(7)エネルギー要求量の変化は?

(8)食べているのに痩せる、食べていないのに太っている問題

(9)健康のチェックリスト

☆週に一度もしくは月に一度、このリストをもとにして健康チェックすることをオススメします☆


(10)「老化のサイン」チェック

(11)「これはヤバイぞ!要注意サイン」チェックリスト

(12)まとめ・おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら

受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)







2015年9月号

カルシウムは多すぎても少なすぎてもダメ?
―この機会に正しい知識を身につけよう!―



2015年9月号「カルシウムは多すぎても少なすぎてもダメ?」


<収録時間:49分>

【目次】


(1)はじめに

(2)体内カルシウム量調節の現実

 *今日の食べ物に影響されるのか?

 *PTH-ビタミンD系

 *Ca欠乏症

 *血漿中PTH濃度が増加すると…


(3)Caの計算が難しい…?

 *計算が難しいor難しくない?
  怖いことor怖くないこと?

(4)「過剰/不足」による健康被害のリスク


<学術論文のデータから一緒にお考えください!>

―DOG編―

(5)子犬のCa欠乏症実験

(6)子犬のCa過剰症実験

(7)犬のCa最小要求量、推奨量、最大安全量

(8)犬についての結論


―CAT編―

(9)猫のCa吸収について

(10)カルシウム(Ca):リン(P)比はCa吸収に影響する?

(11)生食はCa不足になる?

(12)猫のCa欠乏症実験

(13)猫のCa過剰症実験

(14)猫のCa必要量、要求量、最大安全量

(15)猫についての結論

――

(16)飼い主さんからのQ&A

*犬のなかでもCa量に気をつけるべき犬種は?


(17)まとめ・おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら

受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)






2015年8月号

「ペットに塩分はダメ!」は本当???
―この機会に正しい知識を身につけよう!―



2015年8月号「ペットに塩分はダメ!は本当か?」


<収録時間:63分>

【目次】


(1)はじめに

(2)ペットに塩分を与えると 体に負担… 病気になる… って、ホント?

 *次の質問に答えて下さい

 ●犬猫が塩分を食べたら病気になるという話がありますが…

 ●ペットが塩分を食べたら体に負担がかかるという話がありますが、
  体のどこに、どんな負担がかかるのか…

 ●そもそもあなたはこれまで…

 ●そもそも、体内でナトリウムが…

 

(3)塩分は不要なのか?

(4)細胞外液って何?

(5)細胞の内と外、どちらにNa?

(6)塩分で高血圧になるという噂は本当か?

(7)カリウムの多い野菜を食べると血圧が下がる?

(8)どれくらいの量が「適量」なの?

(9)ペットに安全な量を知ろう!―学術論文より


■犬のケース

 *Naの欠乏量・過剰量とは?
 *最小必要量・推奨量とは?
 *安全上限値

■猫のケース

 *Naの欠乏量・過剰量とは?
 *最小必要量・推奨量とは?
 *安全上限値

(10)結論

 「さあ、ここさえキチンと押さえておけば、
  ペットの塩分について、噂に振り回されたり、
  悪戯に不安にならずに、スッキリ解決。
  みなさんこれでおわかりになりましたね?」

(11)おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら

受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)







2015年7月号

ペットアカデミー10周年記念
―総まとめ特別号―



2015年7月号「ペットアカデミー10周年」


<収録時間:44分>

【目次】


(1) はじめに

(2) ペットアカデミーを始めた理由

(3) 考え方の歴史

(4) これまでわかったこと

(5) 食材は万能か?

(6) 鶏肉を食べたら、鶏のタンパク質が腸から吸収されるか?

(7) 栄養素は相互に作り変えられる

(8) タンパク質は必須と言われるのはなぜ?

(9) 一食でも変なものを食べたら身体がおかしくなるの?

(10) ホメオスタシス素晴らしい調整能力

(11) 栄養素が不足するとどうなって補給するとどうなる?

(12) 食事の効果は永続的ですか?

(13) 薬膳を食べていればいいのでは?

(14) 元気な細胞は、勝手に元気な状態に戻る。そうで無い細胞は、環境を整えてもまた崩れる

(15) その不調はどうやって調べたらいいの?

(16) 具合悪いけれど、「検査で異常がないから、様子みましょう…」なんて経験ないですか?

(17) まとめ

(18) おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら
受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)




2015年6月号

猫の体調お悩み相談2015 (その2)


2015年6月号「猫の体調お悩み相談2015 その2」


<収録時間:59分>

【目次】



(1) はじめに

(2) 尿路結石症を完治させたいのですが…

(3) ひどい便秘で、1週間何も食べていません…

(4) なぜか、体重が減っていく…

(5) 元気だけれど目ヤニがひどい…

(6) 右前脚を骨折して完治しましたが…

(7) 避妊しているのによく発情して鳴くのはなぜ?

(8) 短毛種は冬に服を着せた方がいい?

(9) 高齢で足腰が少し弱くなってきました…?

(10) 子猫を引き取る前にすべき事

(11) 左目だけが充血することがある

(12) 足のむくみを取るマッサージ

(13) よく吐く子が、けいれん発作を発症する様になった

(14) 精神的ストレスで腎臓の数値が上がったりしませんか?

(15) 昨日の夕方から急に左後ろ足に違和感がある様になった

(16) スコティッシュフォールドの骨瘤について

(17) 愛猫の食事を手作りしたいが…

(18) おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら
受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)





2015年5月号

猫の体調お悩み相談2015 (その1)


2015年5月号 「とことん栄養学の話(44)  猫の体調お悩み相談 2015」


<収録時間:64分>

【目次】



(1)はじめに

(2)猫に歯磨きは必要ですか?

(3)幼猫が輪ゴムを食べてしまいました

(4)トイレの粗相をする様になった

(5)煮干しを食べると吐く…

(6)猫に発酵食品?

(7)慢性膀胱炎について

(8)猫が頻繁に嘔吐

(9)猫の歯茎部吸収病巣(ネックリージョン)

(10)猫の心雑音

(11)猫の目ヤニがすごい…

(12)猫の腎不全に煮干し、ハーブはいかがでしょうか?

(13)食生活が特別変ではないのに、腎不全になってしまった…

(14)猫の異食について

(15)生後5ヶ月のスコティッシュだから、ケージ飼い?

(16)口からアンモニア臭

(17)おわりに
この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら
受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)



2015年4月号

ペットの食と栄養お悩み相談2015 (その3)


2015年04月号「ペットの栄養学/ペットの食と栄養お悩み相談(その3)」


<収録時間:68分>

【目次】


(1)はじめに

(2)病気を治す食事療法を指導するにはどうしたらいいのか?

(3)手作り食なのに涙やけ目ヤニが改善しないのはなぜ?

(4)涙焼けに効果的な食事やサプリは?

(5)タンパク質の摂り過ぎは涙ヤケの原因?

(6)食事アレルギーの原因の見極め方

(7)アレルギー等がある場合〜アトピー体質の犬用フード〜

(8)アレルギー等の体質改善のポイント〜食物アレルギー?〜

(9)アレルギー原因の割合

(10)低分子プロテインの処方食

(11)アルブミンの値が低い

(12)尿結石症と処方食

(13)免疫力を上げる食事とは?

(14)冷え性→体温を上げるにはどうしたらいいのか

(15)乳酸菌の種類で合う合わないはある?〜乳酸菌入りのフードは意味が無いのか?〜

(16)お客さんの猫の口臭がひどい〜根本的な原因とは〜

(17)おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら
受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)

2015年3月号

ペットの食と栄養お悩み相談2015(その2)


2015年03月号「ペットの栄養学/ペットの食と栄養お悩み相談(その2)」


収録時間:81分>

【目次】


(1)はじめに

(2)どんな野菜や肉をあげたらいい?調理の仕方は?

(3)キャベツは与えてはいけない?

(4)大豆は遺伝子組み換え?

(5)食パンはOK?

(6)シニア犬の手作り食はどういうものがいいのか?

(7)シニア犬の食事で添加したほうがいい栄養素は?

(8)犬に穀物は控えめにした方がいいか?

(9)高タンパク?低脂肪?

(10)犬に絶食したほうがいい?

(11)食事の回数は一日何回?

(12)犬は量より回数?

(13)早食いは防止したほうがいい?

(14)うさぎの牧草について

(15)フードを選ぶポイント

(16)フードは低タンパク質?高タンパク質?

(17)エアドライ製法のフードは?

(18)療法食に含まれる酸化防止剤について

(19)おやつを選ぶ際の注意点とは?

(20)サプリの効果が出る期間は?

(21)サプリを選ぶ時の注意点など

(22)おわりに
この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら
受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)


2015年2月号


ペットの食と栄養お悩み相談2015(その1)


2015年02月号「ペットの栄養学/ペットの食と栄養お悩み相談(その1)」


収録時間:81分>

【目次】


(1) はじめに

(2) 当院の診療スタンス

(3) 情報を受け取る側として気をつけること

(4) 調節

(5) 食物が細胞を作る

(6) ドッグフード? 手作り食?

(7) 手作り食の栄養バランスやカロリー計算

(8) 手作り食は栄養がバランス良く取れないと聞きますが…

(9) 犬の栄養状態のチェックポイント

(10) 同じレシピで大丈夫?

(11) 栄養素の過剰摂取

(12) 食べてはいけない食材…量の問題?

(13) 犬が絶対に食べてはいけないもの

(14) 生肉が良い?

(15) おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら
受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)



2015年1月号
「とことん栄養学の話(40)
 ペットの栄養学 ガンを予防する食生活(その13)

症状を消すのではなく
原因を探って取り除く医療
バイレゾナンス・メソッドとは?(part3)


具合悪いけれど、
「検査で異常がないから様子みましょう…」
なんて経験ないですか?


「どうやってわかるの?」
「どうやって治すの?」
振動医学の特徴について
徹底解説!

2015年01月号「ペットの栄養学 ガンを予防する食生活(その13)「バイオレゾナンス・メソッドとは?part3」


収録時間:81分>

【目次】


(1)はじめに

(2)どうやったらわかるの?

(3)全ての物質は振動から出来ている〜これまでの復習〜

(4)生命エネルギーの取入口→ツボ(経穴)・チャクラ

(5)肉体的な抵抗力とエネルギー的な抵抗力

(6)振動を送れる道具

(7)ゼロサーチ(気を感じ取る機械)

(8)未病の部位では何が起こっている?

(9)病気は治すものではなく治るもの

(10)バイオレゾナンス法が西洋医学と大きく違う所

(11)波動調整:レヨメータで生命エネルギーの滞りを解消する

(12)Q&Aコーナー1〜4

(13)Q&Aコーナー5〜10

(14)Q&Aコーナー11〜14

(15)おわりに

この教材は現在受講生限定販売です。ペットアカデミー通信講座バックナンバー一般販売可能なラインナップ「教材一覧」はこちら
受講生限定販売ページはこちら(専用ID&パスワードあり)





●バックナンバー(〜2014年)はこちら●

●バックナンバー(〜2013年)はこちら●

●バックナンバー(〜2012年)はこちら●