カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

犬と猫に危険な食べ物?(その3) - 鶏の骨、青魚、キャベツ、ドッグフードを猫に…他 -


いまならポイント10倍!

ペットの栄養学、食事、病気、体のメカニズム、愛犬愛猫の健康について、いつでもどこでも好きなテーマから学べるeラーニング!ペットアカデミーのオンライン講座、随時お申込み受付中

     
 


 
2012年11月号「犬と猫に危険な食べ物?(その3)禁止食材の根拠は?〜 鶏の骨、青背の魚、鰹節、キャベツ、ジャーキーほか 〜」

 犬と猫に危険な食べ物?(その3)

 〜鶏の骨、青魚、キャベツ、ジャーキー、

 ドッグフードを猫に…ほか〜

 

 
     




手作りご飯の有効性が分かっていても、「◯◯は食べてはいけないんでしょ・・・」「何をどのくらいあげたらいいのか分からない・・・」というような理由で、手を出しにくく感じていらっしゃる飼い主さんが多いことを、日々の診察やセミナーで感じています。
また、食べさせたつもりがなくても、間違って誤飲、や、目を離した隙に、などトラブルの元はそこかしこにございます。

その時に、ただ焦ったり心配したりあたふたするだけではなく、
「ダメ」という理由と「そのシチュエーションは普段の生活で起こりうるのか」ということを知ることで、安心できます。

このシリーズで取り上げている食材は、「何が何でも食べちゃダメ」というものを挙げているわけではなく、「どんなことになるからダメ」「どのくらい食べたらダメ」「こんな風に言われているけど実際はどうなのか」を解説しています。

理由・根拠が解ることで応用ができるようになるので、「◯◯もダメらしい」「これ食べちゃったけど大丈夫?」のような新しいケースであっても、焦らず冷静に考えることができるようになると思います。








今回は、先月までの「犬と猫に危険な食べ物?」セミナーで
取り扱っていない食材について、

ペットアカデミー受講生のために解説した内容を
お送りいたします。

このシリーズは、ご好評を頂いている様で、
「勘違いしているところがわかった」
「文字ではわからなかったことが、音声・映像のおかげで理解出来た!」
とのお便りを頂いております。


診療やセミナーを通じて感じていることですが、
手作り食についてはわかったけれども、
食べてはいけない食材が多くて…
という理由で手作り食に手を出せない方が多い様です。

ダメと言われる理由と、
それが日常生活で起こりうるのか?
がわかると、安心出来ます。

食べ物の後の「?」が重要で、
「適当なあおり情報流してんじゃねぇぞ!ゴルぁ〜っ!」
という気持ちを込めております(笑)。

やっぱり、「なぜ?」が解ると、
応用できるので、トータルで悩みが減ります。

もちろん、「なぜ?」が解るためには、
予備知識が必要なのですが、
それは、繰り返すことで、自然と身につくことかと思います。

ということで、
今月の教材も、どうぞご活用下さい。

この教材をマスターすることで、
「新しいダメ食材」が出てきたとしても、
冷静に考えることが出来る様になると思います。


(2012年11月号ペットアカデミー通信〜須崎より〜 一部抜粋)


=====

 

詳しい収録内容に関しましては、以下の目次をご参考のうえご購入ください。


〜目次〜


<収録時間76分>


【目次】

前回の復習
〜危険食材の話の前に、冷静に物事を見つめられるようになろう!『毒性学的視点の話』〜

スルメ 〜胃の中で膨張!?〜
硬い骨、鶏・鯛の骨 〜内臓に刺さる!?〜
青背の魚 〜黄色脂肪症に!?〜
カツ節 〜ストラバイト結石に!?〜
アブラナ科植物(キャベツ、白菜) 〜甲状腺が腫れる!?〜
香辛料 〜感覚麻痺に!?〜
調味料(人間用に味付けした食餌) 〜下痢や泌尿器症候群に!?〜
ハム・ウインナー 〜高塩分&高カロリーで危険!?〜
ジャーキー 〜肥満や生活習慣病に!?〜
菊科植物(春菊) 〜中毒症状に!?〜
アロエ 〜腎臓障害に!?〜
ドッグフードを猫に与える 〜栄養不足に!?〜
キャットフードを犬に与える 〜栄養過多に!?〜
市販のジュース類 〜糖分が多い&ペットにとっては危険な物質等が含まれている!?〜

まとめ 〜おわりに〜

 




<備考>

本製品は、ペットアカデミー通信講座のバックナンバーを一般販売化したものです。

内容が上級者向けのため、号によっては受講生のみの販売となり、一般販売しない教材もあることを何卒ご了承ください。
また上記と同じ理由で、予告なしに一般販売を開始または終了する場合がございます。何卒ご了承ください。

現在ペットアカデミー受講生の方は、すべてのバックナンバーが「受講生特別価格(5000円税抜/号)」でお買い求めいただけます。
受講生の方の販売ページは以下のバナーからログインしてご入室ください(専用のID&パスワードあり)


※受講生用のIDとパスワードはPA通信でお知らせしております。わからない方は事務局までお問い合わせください。



<販売状況>

★現在、この教材は一般販売しております★



いまならポイント10倍!

犬と猫に危険な食べ物?(その3) - 鶏の骨、青魚、キャベツ、ドッグフードを猫に…他 -

定価:
12,960円(税込)
価格:

7,560円 (税抜 7,000円)   <41%OFF>

[ポイント還元 756ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

犬と猫に危険な食べ物?(その3)〜鶏の骨、青魚、キャベツ、ジャーキー、ドッグフードを猫に…ほか〜

■ 商品仕様

製品名犬と猫に危険な食べ物?(その3)〜鶏の骨、青魚、キャベツ、ジャーキー、ドッグフードを猫に…ほか〜

●DVD1枚●収録時間76分●ハンドアウト(レジュメ)

◆犬と猫に危険な食べ物?ラインナップ

犬と猫に危険な食べ物?1
水、食塩、タマネギ・ネギ、コンソメスープ、ニンニク、アボカド、人間用の薬、生肉、カエル、イカ・タコ・貝類・甲殻類、煮干、牛乳・スキムミルク、ヨーグルト、チーズ、ハチミツ、米、小麦、とうもろこし
犬と猫に危険な食べ物?2 チョコレート、カフェイン(緑茶・紅茶・コーヒー)、マカダミアナッツ、ピーナッツ、人間用サプリメント、貝類(特にアワビの肝)、アルコール、生卵、ホウレン草、大豆関係(大豆・エンドウ豆・インゲン豆・納豆・おから)、コンニャク、たけのこ、ニンジン、アスパラガス、サツマイモ、ジャガイモ、キノコ、海藻、氷、ミネラルウォーター
犬と猫に危険な食べ物?3
スルメ、硬い骨、鶏・魚の骨、青魚、かつお節、アブラナ科植物(キャベツ・白菜)、香辛料、調味料(人間用に味付けした食餌)、ハム・ウィンナー、ジャーキー、菊科植物(春菊)、アロエ、ドッグフードを猫に、キャットフードを犬に、市販のジュース類
犬と猫に危険な食べ物?4 ブドウ・レーズン、キシリトール、淡水魚、レバー、ナス科植物(ナス・トマト・ピーマン)、果物

【関連教材】 こちらも一緒に受講されるとより学びが深まるオススメ教材です

(DVD教材) Dr.バーバラセミナー コンプリートセット

定価: 138,672円(税込)
97,070円(税抜 89,880円)

ページトップへ